banner

成人式のための帰省休暇を冠婚葬祭休暇に組み入れる

banner 企業が設ける社員の休暇制度には、有給休暇と冠婚葬祭などに関わる特別休暇があります。
特別休暇の理由としては、自身や身内の結婚式、親族の葬儀などが挙げられます。
そして、今、その特別休暇に新たな動きがあります。
地方から働きに来ている若者が、成人式のために郷里に泊りがけで出向くときに、一泊に対して、冠婚葬祭の休暇の範囲内とするという内容です。
今までは、成人式のために泊りがけで帰省していた若者は、有休の一日を割り当てていましたが、特別休暇が認められたことで、有休の持ち分を減らさなくて済むことになります。
久しぶりに郷里で旧友と親交を持つ機会も広がり、新成人にとっては大変ありがたい休暇ともなります。
近頃では、成人式以外にも、冠婚葬祭の休暇の範囲を拡大しようという傾向が出てきました。
珍しい例では、失恋休暇やペットロス休暇などがあります。
今後は、企業内の福祉がより向上して、特別休暇の範囲も、もっと広がりを見せることでしょう。

デートクラブ

交際クラブ

冠婚葬祭 成人式情報一覧

banner 企業に勤める人は、有給休暇を取得する権利が認められています。
そして、それ以外にも慶弔特別休暇

成人式の休暇が冠婚葬祭休暇となる会社

banner 冠婚葬祭という言葉は広く使われていますが、結婚と葬儀はわかっても、冠と祭はなにをさすのか知らない人も

冠婚葬祭とはどのような行事をさすか

banner 大きなイベントがある際には自分で準備をすることができます。
特に大切なイベントのためには服装を

冠婚葬祭の重要性と今の成人式

Copyright(c) 冠婚葬祭 成人式 All Rights Reserved.