冠婚葬祭 成人式について

冠婚葬祭とはどのような行事をさすか

冠婚葬祭という言葉は広く使われていますが、結婚と葬儀はわかっても、冠と祭はなにをさすのか知らない人も多いのではないでしょうか。
冠とは、成年になる儀式のことをさします。
かつては元服のことでしたが、現在では成人式をさすのが一般的です。
祭は、祖先の霊を祀る祭事をさします。
具体的には法事やお盆などをさしますが、広義には地域の祭りなども含みます。
婚は結婚、葬は葬儀にまつわる通夜や火葬なども含みます。
これらの行事は、人生において通過すべき一大イベントと考えられ、重要視されてきました。
そのため、各イベントごとに盛大に式が行われていました。
ですが価値観の多様化が進んだ現在では、単なる通過儀礼と考えられていることが多く、それぞれのイベントにかけるエネルギーは少なくなっています。
結婚式や葬式などはそれでもある程度のボリュームで行われることが多いですが、成人式や祭事に費やされるエネルギーやお金はかなり少なくなっています。
それでも、成長を祝う気持ちや先祖を偲ぶ気持ちが一気になくなることはないと考えられるため、ある程度のイベントは存続していくでしょう。

Copyright(c) 冠婚葬祭 成人式 All Rights Reserved.